yogurting ヨーグルティング

2015年05月06日

無料ブログ、改めて考えさせられた





全てのブログ・サービスが該当する話ではあるんですけど

たまたま、運営元のサイバーエージェントで炎上事件があり

主にそれに向けての解釈と持論を展開したものかと思われます



上のリンク先で書かれているのは、たまたまアメブロですが

文脈では殆どの無料ブログ・サービスと読み取れるんですが

文中で書かれている↓↓以下の文言は端的に分かり易いかと



『裸の体とコラされてアダルトページのバナー作られても文句の言えない』



無料ブログを使うという事は、そう言う事になるんですね

恐らく、ブログに限らずホームページ・サービスもまた同じ



運営規約を調べないと解りませんが、そう考えておくべき

そんな風にも思ったんですが、根本の解決策は限られており

究極はサーバーからサイト、ブログも自前で用意しかないかと



キュレーションについては、新しいから批判があって当たり前

なんて文面もありましたが、それは全く違うと思わざるを得ず



問題とされているのは著作権・肖像権と言う法的権利関係

画像はパクる、文面も実質コピーで作られた記事が多いから

少なくとも道義的見地からも容認できるものでは無いと思うわ



また、検索ヒットで上位にくるのは原文のブログやサイトでなく

キュレーションの記事が上位に来る問題も後押ししているんで

その辺りは水面下で利益関係が成立しているのかもしれないし

検索結果の設定で指定ドメイン除外はしたくてもできませんから

表示された検索結果をどのように選択していくかなんだと思います



私の場合はキュレーションの記事が検索で出ても無視しています

中には記事にアクセスが入るだけで金を稼げる仕様になってたりで

他人が時間をかけて作り上げた物をちょちょいのちょいでコピーして

ちょちょいのちょいで金を稼いでると思うと受け入れられないんですよ




cuespec at 15:06│ 自分ツイートにコメント