なんですか?2車線併走バトルの復活とかのたまいていたのに

2車線は2車線だけど、性格の違う独立したコースにしたんでねーの



なんて、いい加減な自分なんでしょうか



我ながら、こう言うことが少なくないので事後に記事を書けって話ですが

今回の変更は全く頭に無かったわけで、作業している中でそうなりました



色々とコースの仮組、試験走行、レイアウトの見直しを繰り返している中

考えてみると併走バトルにすると、チャンピオン・マシーンは決定と言うか

不動の一位マシーンにどれだけ迫れるか?の改造ってことになっちゃう訳で



しかも、それだと改造の方向性が今迄と全く同じ、変化が無くてつまらない

標準ゼンマイの出る幕が無くなってしまったアスレチック・コースの問題とか

そんなこんなで、実際に動き出すとやっぱり違うな・・・・ となった訳なんです



フタを開けて出来たコースは、標準ゼンマイのマシーンもそれなりに走れて

ハイパワー・ゼンマイの攻略では今迄にない新しい攻略が必要になったり

単に直線パーツの比率が上がっただけのコースは完走がままならない



求めていたのは、まさにコレだっ!



すんなり完走できて、タイム・アップをどうするかって流れでは物足りない

完走自体を目標の取り組みって、実は感動とか達成感が大きいんですよね

短期間ながらもミニ四駆の世界でそれを味わった経験があるからかな



そして、ミニ四駆の経験を生かした今迄にない改造も楽しめてますし

今迄は走り仕様に使えなかったクルマ達が完全に活躍の機会を得た

自分の中で何かしらあった停滞感はそう言う事だった気がします