戦 略 的 減 速



少なくともミニ四駆を始める前には思い付くことさえなかった発想

これが長きに渡って解決できなかった難題をあっりと解決しました



バスQでアップ・ダウンやカーブのあるコースを破綻せずに走り切る事

後軸直上にバネ室がある為に不安定になるパーフェクト・ゼンマイ装着

その2点の問題は近寄る事さえ避けていた難題中の難題になっていました



難題でありながらも上記2つの組み合わせはある意味で理想でした

バスは1台で乗用2台分程度の重量があり、流石のMAD系も役不足

トルクが強く、接地荷重が高いパーフェクト・ゼンマイはうってつけ



その組み合わせが叶えばバスなりにですが元気良く走らせられる

強いバネに入れ替えたRSマグナムでさえ全く非力だったのもあって

それ以外の組み合わせではどうにもならないだろうと結論していました



しかし、頭の中の理想を実現するのは不可能と言う思いも強くありました

とにかく速く走らせる、可能な限り低抵抗を追求する、それではダメでした



必要な場面で必要なだけ減速させる、そしてトータルで速さと安定の両立

電動モーターでしか通用しないと思っていたそれは画期的な結果を導き出し

理想的な組み合わせのバスQ改造を実現、走改史上に大きな成果を残しました